MENU

初心者向け格安SIMの種類や選び方

SIMフリーというのは、キャリアの制限がなくスマートフォンやタブレット端末を利用できることを指します。
そしてキャリア以外のSIMカードを格安で提供している販売事業者のことをMVNOといいます。
さらに、この業者から買った格安SIMカードは、SIMカードの種類さえ合えば他の端末でも使うことが可能です。
キャリアのスマートフォンを買うと、その中に入っているSIMカードは他の端末に使うことが出来ないので、MVNOのSIMカードはキャリアよりも格安で、かつ互換性のある通信アイテムであるといえます。

 

SIMカードには主に3種類あって、1つ目は「標準SIM」と呼ばれている一般的に多くのスマートフォンなどで使われているSIMカードです。
2つ目は「microSIM」です。これはアイフォンや2012年以降のアンドロイドにも使われているSIMカードです。
3つ目は「nanoSIM」です。これはアイフォン5とLTEに対応したスマートフォンなどで使われているSIMカードです。

 

格安SIMは、契約プランによりますが、毎月の通信費がキャリアの通信費よりも半分以下になることがあります。
そこで選び方のポイントですが、普段のスマートフォンの使い方によって適したプランがあります。
例えば、通話をたくさんする人の場合は、音声通話付きプランを選ぶとよいでしょう。
反対にあまり通話をしない人であれば、通信専用のプランを選ぶことをお勧めします。
キャリアのプランよりも、格安SIMのプランはシンプルなものが多い事が特徴なので、初心者の方でも分かりやすく2年縛りなどの契約期間や違約金などがない点です。
しかし、格安SIMによっては数ヶ月の最低利用期間があるので事前に確認しましょう。
もちろんキャリアで使っていた電話番号を格安SIMにもそのまま引き継ぐことが出来ます。
ですがデメリットも存在します。
キャリアメールなどは引き続き使うことが出来ないので、キャリアメール以外のアドレスを使用する必要があるという点です。

格安SIMとは何でしょうか

格安SIMは料金が安くなる通信サービスの事で、今お持ちの携帯をより格安で利用できます。
その利用にはSIMカードが必要で、そのSIMカードとは指程の大きさで、端末の中に挿されているカードの事です。
普段自分ではあまり目にすることはあまりないのですがネットや電話が可能な端末にはそのカードが刺さっており携帯の契約時にはショップにて店員さんが予め、お客さんに変わって挿してくれています。

 

このSIMカードには契約時の個人データや番号などの情報が入力されており、その情報をもとにお客様の識別を行い、通話やネット通信などができるようになっています。
その種類は4種類程あります。
そのSIMカードを端末はそのままで、MVNOといわれる通信サービスやキャリアを乗り換えて利用することで、今よりも安いサービスを選ぶことにより格安な通信料金で利用できるのです。
その通信会社にはインターネットプロバイダーである会社とともに既存のキャリアやなど数多くの業者とサービスがあります。
ではなぜ格安でサービスが提供できるかというと、その中でMVNOについては、通信設備を自社で持たずに大手キャリアから回線を借りて人件費やコストのカットで安く提供することができます。
また、これらの通信業者の参入や会社のサービスの競争などにより、どこの会社もできる限り低額料金を提供しようとすることで格安となっているのです。

 

その特徴としましては料金の安さを初め、高速通信データ量や音声通話有無の違いやその業者の信頼性、サービスの良し悪しを元に選ぶことで格安SIMの特徴が違ってきます。
そしてその業者の選び方次第で各個人のプランにあったサービスを利用することで料金の違いが出てきます。
そのプランの特徴としては通話が必要な方には音声通話付きプラン、あまり通話を利用しない人であればデータ通信専用プランなどがあり、キャリアと違ってとてもシンプルで分かりやすいサービスがあります。

更新履歴